DR.VAPE(ドクターベイプ)の口コミや評判はホント?実際に購入して徹底レビューしました!

DR.VAPE(ドクターベイプ)の口コミや評判はホント?実際に購入して徹底レビューしました!

電子タバコ、通称「VAPE(ベイプ)」は海外で爆発的に人気が出たアイテムであり、徐々に日本にもその波が訪れ始めています。従来型の紙巻きタバコ、あるいはiQOSなどの加熱式タバコは、

  • タバコ税
  • 健康被害

こういったものが懸念点としてあったため、なおさらこれらのデメリットが薄い電子タバコに集まってきているのでしょう。

そして、そんなVAPEの中でも「DR.VAPE」という製品は、超人気アイテムとして話題に!VAPE入門としても非常に魅力的な一本なので、初心者向けVAPEを重点的に紹介している当サイトでレビューしないわけにはいきません。

ということでこの記事では、DR.VAPEをマニアが実際に使ってみた感想、レビューをお届けしていきます。誰にでも分かりやすいように丁寧かつ詳細にレビューしているので、是非チェックしてみてください!

期間限定キャンペーン中
DR.VAPE

ただいま、期間限定のキャンペーン中!このキャンペーンページからご購入すると、通常価格8500円のスターターキット + カートリッジ(3味付)が5000円OFFの3500円で購入可能です!お得なセットでDr.VAPEを試してみてください!

【期間限定】今ならなんと5000円OFF!お得なキャンペーン中!

DR.VAPEをお得に購入する

※キャンペーン画面が表示されない場合はキャンペーン分の在庫切れの可能性がありますのでご了承ください。

DR.VAPEの基本情報

DR.VAPEの公式サイトメイン写真
商品名 DR.VAPEスターターキット
メーカー 株式会社ロックビル
価格 7,900円

まずはDR.VAPEの特徴や人気の理由、さらには安全性といった基本的な情報についてお届けしていきます。

VAPEは商品ごとに変わった特徴があるものなので、購入前に事前に知っておくことはとても大事なので、余裕がある人はチェックしておきましょう。

楽天ランキング「5冠達成」の超人気VAPE

DR.VAPEを一言でいうなら、ズバリ、

煙太郎吹き出し
煙太郎

国内で人気爆発中の最強VAPEだ!

って言葉がマニア視点でも素直に出てきます。そのくらい大人気のVAPEであり、その証拠に、

「楽天ランキング5冠達成」

というVAPE界隈の中では前人未到の偉業を達成していて、その勢いはとどまることを知りません。実際筆者も、街中で吸ってる人をチラホラ見かけるレベルには普及しているので、国内人気がハンパじゃないという点はまず知っておいて欲しい部分になります。

DR.VAPEが人気の理由をマニア視点で解説

DR.VAPEが「楽天ランキング5冠達成」という驚異的な人気を誇るVAPEであることをお伝えしましたが、「なぜここまで人気なのか」という点についても気になりますよね?

ということでここでは、DR.VAPEがここまで国内で人気を博している理由について、マニア視点で詳しく解説していきます。

1:誰でも簡単に使える「超簡単仕様」

DR.VAPEが人気を博している一番の人気が、

「使いやすくてカッコ良い」

ってところだと思っています。まず大前提として知って欲しいのが、従来までのVAPEって初心者には使いにくくて、なおかつデザインも無難なものが多かったんですよね。

eGo AIOを手に持ってみた

こちらが世界でも圧倒的な支持を集める「eGo AIO」というVAPEですが、このVAPEを使う上で本体内部に「リキッド」という香りのついた液体を入れたり、内部を定期的にメンテナンスしたり・・と、ぶっちゃけ「面倒くさい」要素がありました。

もちろんVAPEマニアは自分の好きなリキッドを選んだり、メンテナンスを通じて愛着を感じたりといったものがあったので、一概に悪いというわけではないのですが、初心者が使うという観点から見ると優しくないと言わざるを得ませんでした。

一方で、今回紹介しているDR.VAPEは、「初心者でも絶対に使える」と自信を持って言えるくらいの簡単仕様になっています。

DR.VAPEの使い方は簡単

こちらが公式サイトの使い方解説画像ですが、画像の通り、

  • 本体上部:カートリッジ
  • 本体下部:バッテリー

以上2つのパーツをくっつけるだけでOKなので、これなら誰でも使えますよね!ここまで簡単なVAPEはなかなかありませんから、簡単に使えるVAPEが欲しいならマストバイな一品です。

なお、VAPEについて全く知らない人のために、ここでカートリッジやバッテリーについて簡単に解説しておきます(知ってる人は読み飛ばしてOK)。

まずカートリッジですが、本体における以下の写真の白いパーツの部分がカートリッジに該当します。

DR.VAPEのマスカットフレーバーを本体に接合

そしてこのカートリッジの役割ですが、内部に味のついたリキッドが染み込んだコットン(綿)が詰め込まれており、これを加熱して気化させることで蒸気を楽しむ・・これがDR.VAPEの楽しみ方になるわけです。

じゃあカートリッジ内部のリキッドを加熱する電力はどこから持ってくるのかと言われれば、その役割を担うのが「バッテリー」なわけです。上記画像の白以外の部分、要するに「下半分」ですが、ここからカートリッジ内部を加熱する電力を供給することで、無事にリキッドが気化してVAPEを楽しむことが可能になります。

なお、カートリッジのフレーバーには、

  1. クラシックスモーク
  2. ワイルドビター
  3. ミントメンソール
  4. リラックスバニラ
  5. ジューシーマスカット
  6. ピュアアップル

以上6種類あり、それぞれ3本セットで2,400円、またカートリッジとバッテリーが付属するスターターセットは「7,900円」です。

よって、購入の流れとしては最初にスターターセットでバッテリー部分を手に入れて、次回以降は別売りのカートリッジを購入していく・・ってイメージになりますね。

VAPEを最初に購入する際は、使用していくイメージがつきにくいものなので、上記を参考にしていただければと思います。

煙太郎吹き出し
煙太郎

ちょっと話が逸れたが、DR.VAPEは誰でも使える簡単仕様である点が、最も人気の理由であるように感じる。また、6種類用意されているカートリッジ各種も好評で、美味しいという点も見逃せないメリットだと言える。

2:VAPEとは思えないカッコ良いデザイン

マニアから見たDR.VAPEの2つ目の人気な理由が、デザインにあります。先ほどもお見せしましたが、

eGo AIOを手に持ってみた

こちらは世界的に人気の高い「eGo AIO」というVAPEになります。シルバーでスタイリッシュな印象を受ける一本ですが、一方で、

煙太郎吹き出し
煙太郎

うーん、ちょっと地味・・?

このように感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか?ではDR.VAPEはどうなのかというと、

DR.VAPEのスモークフレーバーを本体に接合

めっちゃカッコ良いですよね・・(笑)これはもはやタバコというよりは、一種の「アイテム」として認識した方が良さそうな感じさえしますが、それもそのはず。なんと、このVAPEをデザインしたのは、あのレディ・ガガの「生肉衣装」をプロデュースした「ニコラ・フォルケミッティ」という方がデザインしたということですから驚き。

DR.VAPEはデザインがすごい

筆者もマニアを名乗っているくらいですから、これまでたくさんのVAPEに触れてきた経験があるのですが・・、ハッキリ言って世界的なデザイナーが絡んだVAPEなんて見たことありません。しかも国内のVAPEメーカーがこんなことをやってのけているのですから、なおさら驚きを隠せないというのがホンネです。

このようにオシャレなデザインをしていれば、「使っているだけで楽しい」というメリットを得られちゃいますから、想像以上にデザインが良いという特徴は大きいと思いますよ!

3:吸いごたえ抜群で喫煙者でもスムーズに乗り換え可能

DR.VAPEが人気な3つめの理由が、吸いごたえについてです。

この記事をご覧になっている方の中には、現在進行形で紙巻タバコ、あるいはiQOS、gloといった加熱式タバコを吸っている方もいらっしゃりますよね?そして何らかの理由で、

煙太郎吹き出し
煙太郎

VAPEに乗り換えてみようかな?

と、ちょっとだけVAPEに興味を持っているって状態なのだと思います。

そんな場合に最も気になるのが、「これで満足できるのか」という点ですよね?VAPEは煙は出るものの、燃やさない、さらにはタール・ニコチンフリーという点が特徴としてあるので、十分な満足感を得られない点を懸念するのは普通のこと。

そして色々とリサーチしてみたのですが、DR.VAPEは吸いごたえについてもこだわっていることが判明したので、自信を持って喫煙者の方々にもおすすめすることができちゃいます。

じゃあ具体的にどんなことに力を入れているのかと言えば、

  • タバコフレーバーを用意
  • 喉へのキック感
  • 肺にグワッと入ってくる力強さ

こういった点にこだわっていることで、今まで紙巻きタバコを吸っていたとしても、スムーズに乗り換え可能になるということです。特に大きいのがタバコフレーバーの存在。

どのようなVAPEにもタバコの味わいに似せた「タバコフレーバー」は用意されているのですが(もちろんタール、ニコチンは含まれない)、

  • 美味しくない
  • 全然タバコっぽくない

このような評価をされることが一般的で、お世辞にも良いフレーバーとは言えないってのが普通でした。

しかしDR.VAPEのタバコフレーバーである「クラシックスモーク」は真逆で、紙巻きタバコから乗り換えた方々の心をグッと掴んでいます。その証拠に、Amazonでのこのフレーバーの評価が、「星4.5」という圧倒的な支持を得ているんです。

これは一般的に不評なタバコフレーバーにおいて、なかなか見られないものとなっているので、こういった点からも紙巻きタバコからの乗り換えを強く意識しているのだということが伝わってきますね。

というわけで、開発、設計段階で「タバコからの乗り換え」を考えていることから、禁煙や節煙・減煙といった用途にも使えると言ってよいでしょう。タバコの一部、または全てをVAPEに置き換えるだけで、身体への負担は抑えられますから、検討の余地はあると思いますよ!

DR.VAPEの安全性は?

さて、DR.VAPEが人気の理由についてマニア視点で解説してきましたが、実際に使用する上で安全性についても気になるところですよね?

特にVAPEはタバコアイテムということで、直接体内に入ってくるタイプの製品ですから、「まあいっか」という適当さが、致命的なリスクになる可能性も否定できません。

ということで、DR.VAPEの安全性についても徹底的にリサーチした結果を皆さんにお届けしていきます。

タール・ニコチンはもちろんフリー

まず最も大きな懸念点が、「タール・ニコチンの有無」だと思います。この2つは紙巻きタバコの健康被害の原因されており、

タール:強い発がん性をもつ物質。また、口内環境を悪化させ、歯にヤニを付着させる
ニコチン:脳内の報酬系に関与する物質で、依存性を持つ

【引用元】
タール:厚生労働省 e-ヘルスネット
ニコチン:厚生労働省 e-ヘルスネット

このような健康被害が知られていることから、現代においてタバコは嫌悪されるものとなっているのです。

ではVAPEにこれらが含まれているのかですが、両方ともフリーなので安心してOK。タールはそもそも燃やすことで発生する物質なので、燃やさずに加熱を行うVAPEにおいては発生し得ないものです。

そしてニコチンですが、ニコチン入りのVAPEの販売は法律上禁止されていますから、当然DR.VAPEにはニコチンは配合されていないというわけ。

以上より、発がん性を持つタール、依存性を持つニコチンそれぞれがフリーとなっている点は、タバコと比較して明確なメリットだと言えますよね。よって、これらを懸念している方は、安心して使えちゃいますよ!

副流煙も心配なし!

また、タバコとして気になるのが、喫煙者の口から吐き出される「副流煙」ですよね。紙巻きタバコでは主流煙より副流煙の方が健康被害が大きいなんて話も聞きますから、同様にVAPEについても気になるのがホンネだと思います。

結論から言って、VAPEの煙は紙巻きタバコとは全く異なるものなので、副流煙の健康被害についてはほとんど気にする必要はないと言えます。

そもそも、紙巻きタバコの煙とVAPEの煙は質的に全然違うもので、

紙巻きタバコの煙
燃焼したことによる煙
VAPEの煙
PG・VGが気化した煙。水蒸気に近い

具体的に言うとこんな感じになります。PG・VGを簡単に言うと、「コンサート場で焚かれるスモークと同じ成分」と言えば分かりやすいですかね?食品添加物としても使用されていますが、これを体内に入れて楽しむということなので、「VAPEの副流煙の安全さ」についてイメージがつきやすいと思います。

こういったことを知ると、タバコの煙とVAPEの煙の安全性は比べるまでもないことが分かりますよね?タバコの煙は燃えて発生し、VAPEの煙の主成分はスモークと同じ。というわけで、副流煙についても安全性は高いと言えるので、DR.VAPEはタバコより圧倒的に安心して使えると結論しました。

煙太郎吹き出し
煙太郎

DR.VAPEは日本メーカーによるVAPEなので、海外輸入品が主流であるVAPEにおいても安心感が強い。その分価格は割高だが、購入する価値は十分にあると感じるぞ!

DR.VAPEの口コミ・評判は?

DR.VAPEの基本的な情報についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?個人的にはタバコからの乗り換えには最適な一本であると感じたので、気になった方はぜひ手に取ってみてください!

ここでは、DR.VAPEを実際に使用したユーザーの口コミ、評判を紹介しているので、気になる方はチェックしておきましょう。



DR.VAPEの口コミレビュー


レビューの平均:  
 9件の投稿

レビュー発言者
by たつくんさん

非課税なのに

ゼロゼロなのにタバコ並みの料金。

市販されてなく、定期購入かまたは、

Amazonか楽天からしか買えない。



嫌煙者の前で試すと。やはり匂うと

言われました。

あくまで一個人の感想としては、

正直、ガッカリしました。

レビュー発言者
by 飯間英章さん

質問

カートリッジの吸い口が、たまに唇が火傷するぐらい熱くなる時があるのですが、吸い方に問題があるのでしょうか?

レビュー発言者
by 杉浦登さん

コスパ悪過ぎですね

500回も吸えません50回位ですねタバコだと4本がいいとこです1本700円なのでタバコだと90円になるのでコスパ悪過ぎですねc-tecの方がコスパは良いですね謳い文句に騙されました

レビュー発言者
by よねさん

カートリッジの購入が不便

よく出来ていると思います。煙がたくさん出ますし、タバコフレーバーも質が高いです。吸っている感じも思ったよりあるので、乗り換えにはうってつけかと。ただ一点、カートリッジの購入が・・。普通のタバコのようにコンビニで手軽に買えるわけではなく、基本はネットでの購入になるのでこれが不便ですね。事前にまとめて買っておかないといざという時困るので、精神的な圧迫があります。こういったことまで考えて購入するようにした方が良いです。

レビュー発言者
by MIさん

デザインが良い電子タバコだった

デザインにこだわって電子タバコを選んだところ、これが一番スタイリッシュだったので買ってみました。使ってるだけで良い気分になれるので、なかなかによくできていると思います。本物のタバコを吸ったことないですが、特に違和感なく楽しめています。

レビュー発言者
by 健太さん

コスパは期待しない方が良い

VAPEは安くなると言われて買ってみたが、ランニングコスト自体はほとんど紙巻きタバコと変わらない。むしろ延々と吸い続けられる分無駄吸いが増えてしまい、コスパが悪くなるという結果に・・。しかし、健康被害や悪臭被害については間違いなく効果がありそうなので、なかなか悪くないかもしれない。ちょっと評価が難しい製品だと思いました。

レビュー発言者
by ryoさん

家族から好評です

今までクサイだの汚いだのボロクソに言われてきましたが、一念発起してドクターVAPEに乗り換えた結果、家族から好評でなによりです。やっぱりクサイニオイがしなくなったのがありがたいようで、これで心置きなくスモーキングを楽しめます!タバコフレーバーでなんとか吸いたい欲を抑えて、たまにリンゴなどのフレーバーを吸うと美味しくておすすめですよ。

レビュー発言者
by むさしさん

煙の量が多くて禁煙できそう

こちら、初めての電子タバコになります。今まで気になってきていたのですが、なかなか手が出ませんでした。しかし、友人の勧めで使ってみたところ、大当たりです。想像以上に煙が多く、まるでタバコを吸っているような感覚になるのですごく良いですね。さすがにニコチンが切れる感じは否めませんが、慣れてくれば十分代替手段になってくれそうです。これは良い買い物をしました。

レビュー発言者
by QTYさん

物足りないかなぁ

今までガッツリタバコを吸っていた私からすれば、これは物足りないと感じました。ニコチンがないのが致命的で、大きく吸い込んでも「あ、吸ってるんだ」という感じしか得られませんでした。これだけでヘビースモーカーからの禁煙はちょっと厳しいと感じました。



レビューを書く
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書いてみる

DR.VAPEを実際に買って使ってみたレビュー

DR.VAPEの口コミや評判のまとめ、いかがでしたか?概ねポジティブなレビューが多く、良い・悪いがバラけやすいVAPEの中では、かなり平均点が高い一品だと感じました。

ここからは、タバコマニアである筆者がDR.VAPEを実際に買って使ってみたので、そのレビューをお届けしていきます。

DR.VAPEを写真でチェック

具体的なレビューを行なっていく前に、まずは筆者が購入したDR.VAPEの写真をお見せしていきます。

DR.VAPEの配送パッケージ

こちらが自宅に届いたDR.VAPEの配送パッケージ。注文の翌日に発送され、その翌日に到着しましたので、差し引き2日かかっていないくらいのスピードで届きました(公式サイト)。このくらいなら全然許容範囲というか、むしろスピーディーだと思うので、せっかちな人にもおすすめできます。

DR.VAPEの配送パッケージ中身

パッケージを開けると、このようにパンフレットがまず目に入ってきました。

DR.VAPEのパンフレット中身

パンフレットの中身はこんな感じです。レディーガガの生肉衣装をプロデュースした方がDR.VAPEのデザインを担当したということで、それが強調されていましたね。

DR.VAPEの配送パッケージ中身詳細

パンフレットをどけると、いよいよお目当のDR.VAPEがお目見えです。こちらに3つありますが、取り出してみると、以下の写真のようになります。

DR.VAPEのセット内容

上記写真のように、

  1. パンフレット
  2. 本体
  3. フレーバーカートリッジ
  4. 専用ケース

以上4点がセットになっていたので、それぞれを詳しく見ていきます。

本体

まずはやっぱり本体から。メインですしね。

DR.VAPEの本体パッケージ

こちらが本体が入ったパッケージですが、これを開けると、

DR.VAPEの取り扱い説明書

このような取り扱い説明書兼保証書が出てきました。

DR.VAPEの取り扱い説明書詳細

説明書の方はイラスト付きで詳しく書かれていて、VAPE初心者でも問題なく使えるクオリティとなっています。一般的にはVAPEは海外からの輸入品がメインなので、DR.VAPEのような日本メーカーによる説明書が入っている点は、ユーザーからすれば非常にありがたいです。

DR.VAPEの取り扱い説明書詳細2

説明書の裏面にはこのような保証書が記載されているので、失くさないように気をつけましょう。

DR.VAPEの本体は丁寧に封入されている

そしてこちらが肝心のDR.VAPE本体と充電器。内容物に対してパッケージがでかいっすね・・(笑)

DR.VAPEの本体

これらを取り出してみましょう。まずこちらがDR.VAPE本体になりますが、筆者はホワイトではない方をチョイスしました。というのも、VAPEは手に持って直接使うアイテムなので、結構汚れやすいんですよね。

手入れとかを面倒に思うタチなので、だったら汚れなどが目立ちにくい方を・・ってことでいつも買ってます。

DR.VAPEの本体表面

本体表面は、マットというよりはかなりツルツル。かといって手から滑り落ちるというわけではなく、グリップ力は必要分は感じられます。光沢があるので安っぽさが出ないのがいいね。

DR.VAPEの本体の接合部

そしてこちらが本体上部にある接合部の写真。何との接合部なのかというと、後ほど紹介するフレーバーカートリッジとの接合部になります。金属製ですが、かなり作りもしっかりしていて、見ていて安心できるクオリティです。

DR.VAPEの充電器

そしてこちらが本体充電器。VAPEについて詳しくない方は、使い方がわからないかもしれませんが、

DR.VAPEの充電器を使ってみた

先ほどお見せした金属製の接合部を、充電器にクルクルと回して取り付ければこのようにくっつきます。そして、あとは充電器のUSB部分をパソコンやコンセントに挿し込めば、無事に充電できますよ。

Ploom TECHと同じ仕様になっているので、馴染みある方もいらっしゃると思います。

フレーバーカートリッジ

本体に続いて、お次は本体にくっつけて使う「フレーバーカートリッジ」について見ていきましょう。今回筆者が購入したのはスターターキットなので、フレーバーカートリッジが3種類付属してきました。

DR.VAPEのフレーバーミックスパッケージ

その3つが入っているのがこちらのパッケージです。早速開けてみると、

DR.VAPEのフレーバーミックスパッケージ中身

このようになっています。中から取り出してみると、

DR.VAPEのフレーバーミックスパッケージ中身を並べてみた

左から順に、

  • ジューシーマスカット
  • ミントメンソール
  • クラシックスモーク

以上3つがセット内容。これは購入側で選べるというわけではなく、あくまで固定になっているので、この点は注意してください。

DR.VAPEのフレーバーミックスパッケージ中身を開封

さて、袋から取り出したのがこれ。順番は上記と同じです。これをどうやって使うかというと・・、

DR.VAPEのスモークフレーバー接合部

カートリッジには、本体の接合部と噛み合うこのような部位があるので、

DR.VAPEのスモークフレーバーを本体に接合

こうやってくっつけます。これはクラシックスモークですが、なかなかカッコよく仕上がってますね。黒と赤のコントラストがいい感じです。

DR.VAPEのメンソールフレーバーを本体に接合

そしてこれがメンソール。こちらも悪くないというか、公式から広告されている画像に掲載されているのはこの組み合わせですね。緑色とのマッチングは見ていてスタイリッシュさを感じられます。

DR.VAPEのマスカットフレーバーを本体に接合

そしてこれがマスカットですが・・、これはちょっと微妙・・(笑)DR.VAPEの本体にはホワイトカラーも用意されているので、そちら側とだったらマッチしていたと思いますが、ブラックとはちょっとアレですね。

こう考えると、本体はホワイトを買ったほうが全てのカートリッジとの噛み合わせという意味では良いかもしれません。

専用ケース

最後に、専用ケースを写真付きで紹介させていただきます。

DR.VAPEのケースパッケージ

こちらがDR.VAPE専用ケースが入っていたパッケージ。

DR.VAPEのケース

開封すると、そっくり同じものが出てきました。個人的な印象ですが、ちょっとだけ昔のiPodに似てませんか?白い円の部分が操作する盤面によく似てて、強い既視感を覚えました。(今の若い世代はiPodとか知らないと思いますが・・)

DR.VAPEのケースの表面

本体表面はこんな感じで、質感としてはシリコンですね。分かりやすく言えば「スマホのシリコンカバー」をイメージしてくれればOK。衝撃にもある程度強そうですし、スターターに付属のものとしては及第点を満たしています。

DR.VAPEのケースの蓋を開けてみた

蓋を開けてみるとこんな感じ。ここにどのように入るかというと、

DR.VAPEのケース中身

右から順に、

  • カートリッジがついたDR.VAPE本体
  • フレーバーカートリッジ
  • フレーバーカートリッジ
  • 充電器

以上4アイテムがしっかり入りきるので、携帯する分にはこれがあれば随分助かります。VAPEは携帯してナンボのアイテムですが、なかなか専用のケースが付属しないことが一般的なんですよね。

そういう意味では、専用のケースをスターターでしっかりとつけて、ユーザーのニーズにキチンと応えている点は、VAPEマニアから見ても魅力的に映ります。ありがたいの一言です。

DR.VAPEを実際に使ってみた感想

DR.VAPEの実際の写真をお見せし終わったので、ここからはDR.VAPEを実際に使ってみた感想を、タバコマニアが誰にでも分かりやすく解説していきます。

1:煙・吸いごたえについて

まず最初に、タバコの根幹をなす煙についてです。どれだけ他に優れている特徴があったとしても、結局これが微妙だと全体の評価は地に落ちますからね。

煙については口でウダウダ言っても分かりにくいだけなので、こちらの写真をご覧ください。

DR.VAPEの煙

これがDR.VAPEを普通に一息吸った場合に出る煙ですが、紙巻きタバコよりは普通に出てくれています。よって、今まで紙巻きタバコや加熱式タバコを吸っていた方なら、全く違和感なく使うことができると感じました。

一方で、VAPEの中のワンジャンル「爆煙VAPE」という、圧倒的な煙の量が魅力の製品と比較すると、少ない感じはやはりしちゃいますね。まあでも、DR.VAPEのターゲットはタバコからの乗り換えを行う方々、あるいは最初の一本を探している方だと思うので、このくらいの煙の量が出てくれれば十分すぎます。

もちろん、ニコチンは含まれていないので、タバコと比較したら吸いごたえはどうやったって物足りないですが、煙が良い感じに「タバコ感」を演出してくれるんですよね。こういった点でも、紙巻きタバコからの乗り換え先としては強くおすすめできるポイントです。

2:味わいについて

続いて味わいについてです。VAPEは味のついた液体を加熱して楽しむタバコアイテムですから、味わいが損なわれていると大問題。よって、普通のタバコよりも味わいについては敏感になるべきだと言えます。

今回筆者が試すことのできたフレーバーは、上述した3種類ですがそれらを簡潔にレビューするとこのようになります。

クラシックスモーク
タバコ感よりも美味しさを重視。スパスパ吸える。
ミントメンソール
メンソよりミント強め。紙巻きタバコのメンソとは若干異なる。
ジューシーマスカット
ただただ美味い。お菓子っていいレベルの美味しさ。吸いすぎ厳禁。

全てのフレーバーに共通して言えるのが「美味しい」ということ。クラシックスモークはもっとタバコっぽさがあるのかなーとか思ってましたが、ものすごく吸い心地が軽いです。これはamazonなどでのレビューが高いのも頷ける。

また、メンソについては若干ミント感が強く、タバコのメンソとはちょっと異なる感じ。どちらかというとガムに近いですね。そしてマスカットは、マジで美味いです。「おやつ」として機能するレベルの美味しさなので、クラシックスモーク、メンソールの箸休めとしては丁度いいですね、これ。

というわけで、3つ揃って美味しさが際立つ結果となりました。VAPEの中には万人ウケしないというか、「刺さる人には刺さる」って感じのフレーバーがあったりするのですが、DR.VAPEは真逆で「鉄板の味わい」を実現しています。

よって、VAPE初めての方にはものすごくおすすめできちゃいますよ!最初に掴んだVAPEのフレーバーがまずかったとかシャレになんないですからね。。

3:使用感について

続いて使用感について。DR.VAPEはカートリッジ式VAPEということで、バッテリー機能が内蔵された本体にカートリッジをクルクルとくっつけることで使用します。なので、使い方はめちゃくちゃ簡単です。

なにせ、

DR.VAPEの本体

これを・・、

DR.VAPEのスモークフレーバーを本体に接合

こうですからね。これで下準備は終わり。あとは口をつけて吸い込めば、煙がぼわーっと発生してくれます。とても簡単で、今までVAPEを使ったことがない人でも絶対使えちゃいますよ。

カートリッジを吸い終えたり、あるいはカートリッジを交換したかったら、上記操作を行えば良いだけ!説明書も不要なレベルですよね。

また、バッテリー切れも全然気にならず、スマホを充電するタイミングで1日の終わりに充電すれば、余裕を持って1日持ってくれますから、使用感について気になる点はほとんどなかったというのがホンネ。

4:コスパについて

最後に言及しておきたいのが、コスパですね。ランニングコストについては、公式サイトにこのような記述があります。

カートリッジ1本につき、約500回吸引できます。(*1回1.8秒吸引した場合)タバコに換算すると個人差もございますが約1.5箱〜1.8箱程度に相当します。

引用:ドクターベイプ – DR.VAPE公式サイト

実際に吸ってみると、公式が言っている「500回」よりは多少少ない印象がありましたが、「半分しか吸えない」みたいな詐欺レベルの誇張広告ってことではありません。450〜500回くらいは余裕を持って使えました。

なので、カートリッジ1本(700円弱)でタバコ1.5箱程度と考えると、通常のタバコとコストパフォーマンスはほとんど変わらない結果となりますよね。よって、DR.VAPEに乗り換えても懐事情はほとんど変わらないと考えるのが正しい理解になります。

結論:ちょっと高いけど相応のクオリティを実現

というわけで、レビューもそろそろ大詰め。

DR.VAPEは単品購入で「7,900円」ということで、同ジャンルの「カートリッジ式VAPE」の中ではかなり高い部類のアイテムです。

筆者は今までカートリッジ式VAPEを複数個使ってきた経験がありますが、相場はおよそ〜5,000円。なので、相場からおよそ2倍近くの値段がするわけですから、当然人は選ぶ価格帯のアイテムだと思います。

しかし一方で、じゃあ「価格差ほどのクオリティ」をDR.VAPEから感じられたかといえば、「Yes」というのが答えです。そう感じた点は、主に以下の通り。

  • デザインが圧倒的にカッコ良い
  • 本体の品質、安全性が極めて高い
  • フレーバーの種類が多い&美味しい

デザインは人によってはどうでもいいかもしれませんが、本体の品質、および安全性、さらにはフレーバーの充実度は万人にとって魅力となる部分です。特に本体の品質については折り紙つきで、使用感について気になる部分がなかったレビューはなかなかないことですよ?

「欠点がとても少ない」VAPE、それがDR.VAPEなので、絶対に失敗したくないお買い物をしたい方は是非購入してみてください!VAPEマニアおすすめの一品です!

DR.VAPEをお得に購入するには?

以上でDR.VAPEのレビューは終わりですが、かなり魅力的なVAPEであることが伝われば嬉しいです。

さて、ここまでのお話を目にして、DR.VAPEを買いたいという人もいるかもしれませんが、よりお得に買う方法についても知りたいですよね?というわけでここでは、DR.VAPEをお得に購入する方法についてリサーチしてみたので、チェックしておきましょう。

サイト名 価格(税込)
【公式サイト】通常購入 7,900円
【公式サイト】プレミアムプラン 6,500円
Amazon 7,992円
楽天 7,992円

以上が「DR.VAPE スターターキット」の市場価格をリサーチしてまとめてみた結果になりますが、公式からの通常購入、さらにはamazon、楽天からの購入において、価格がほとんど変わらないことがわかりました。

そして最安価格にて手に入れられるのが公式からの「プレミアムプラン」になります。こちらのプランはいわゆる「定期購入」に相当するものですが、価格にして「1,400円」程度安く手に入れられる、さらには送料無料という点を考えると、送料600円分、合計「2,000円」安くなるなかなかに魅力的なサービスです。

プレミアムプラン(定期購入)の詳細

ただ、このような定期購入には色々と制限やルールがあったりするので、念の為調べてみることにしました。

まず基本的な仕様ですが、初回のみ、

  • DR.VAPE本体(バッテリー)
  • USBアダプター
  • 収納ケース
  • スターターMIXカートリッジ

以上がセットになった「DR.VAPEスターターキット」が届けられ、これが通常より「2,000円」安い6,500円にて手に入れることができます。そして2回目以降は、消耗品であるカートリッジが届けられ、価格は1,000円安い「2,000円」で利用できるとのことです。

もちろん、毎回届けられるカートリッジは、

  1. クラシックスモーク
  2. ワイルドビター
  3. ミントメンソール
  4. リラックスバニラ
  5. ジューシーマスカット
  6. ピュアアップル

以上6種類から選択可能。簡単に言うと、

「初回はスターターキットを、それ以降は消耗品であるカートリッジを、お得な価格で購入できるサービス」

だと結論できます。そして、そのほかの特徴については以下をご覧ください。

  • お届けサイクルを「7・14・30日」から選択
  • 送料(600円)無料
  • 本体の破損・バッテリー切れ・不良品を永年保証

サイクルを自分で選べるのは自分の使用するペースに合わせて無理なく利用できるので、ありがたい点ですよね。

プレミアムプランの解約方法

さて、以上のようなメリットがあるDR.VAPEのプレミアムプランですが、解約方法と注意点についてもお知らせしておきます。

まず解約方法ですが、公式サイトの言葉を借りると以下のように説明できます。

DR.VAPEプレミアムプランのフレーバーカートリッジの内容変更、お届けの休止、解約は次回お届け予定日の5営業日前までにご連絡いただければ変更、休止、解約を行えます。

引用:会員規約 – DR.VAPE公式サイト

5営業日以内に連絡を行えば解約できるということなので、もしこのサービスを利用する場合には必ず覚えておきましょう。これを忘れると一回分損をして解約することになりかねません。

縛りの有無は果たして・・

続いて定期購入によくある「最低限〜回以上の購入が前提」、いわゆる「縛り」についても気になったので、徹底的にリサーチしてみました。

すると、公式サイトを見た限りでは縛りの有無がハッキリしなかったので、公式に直接メールで聞いてみたところ、以下のような回答が帰ってきました。

受取回数に縛りはございませんが、発送準備に入ってしまった商品はお止めする事が出来かねる為、必ずお受け取りをお願いしております。ご解約希望の際は、次回お届け予定日の5営業日前をまでにお電話かメールにて連絡が必要です。

というわけで、DR.VAPEのプレミアムプラン(定期購入プラン)は「縛りなし」です!優良的ですね・・感動するわ。

口が悪いですが、「ケチな企業」なんかだと、3ヶ月(3回)の利用が前提みたいな縛りがあったりしますからね。そんなん怖くて契約できないわってのがホンネなので、DR.VAPEさんはちゃんと理解してくれてる。サンキュー!

煙太郎吹き出し
煙太郎

なお、解約などの連絡先は、以下にある「よくある質問」の章で解説しているぞ。気になる人はチェックしてみてくれ。

DR.VAPEをおすすめできるのはこんな人!

ここでは、実際に使用した筆者自ら、DR.VAPEをおすすめできる人について紹介していきます。

お金は使ってもVAPE選びに失敗したくない

上述した通り、DR.VAPEはなかなかに良い値段するタバコアイテムです。単品価格「7,900円」ということですから、高い!と感じる人がいてもおかしくありません。

ただ・・、VAPE選びって結構失敗しやすいんですよね。VAPEって製品の都合上「使わないとわからない」部分が多いじゃないですか?購入前に知れるのは、精々本体の外観程度で、実際に吸ってみた感じや味わいなどは、自分が使うまでハッキリ分からないってのが怖いところです。

そういう意味では、VAPE選びをする場合に「多分大丈夫」ってくらいじゃまだ甘くて、「これなら絶対大丈夫」っていう強い確信が得られる製品じゃないと、失敗しちゃうんですよね。

だからこそ、失敗しても良いようにって意味で安いものを買うのもアリですが、結局、最初の一本は良いものを買ったほうが後々の出費は少なくなります。そういう意味で、VAPE選びに失敗したくない人には素直におすすめしたいです。

乗り換え・節煙・禁煙したい

VAPEを使用する目的として、

  • タバコからの乗り換え
  • 節煙
  • 禁煙

これらのタバコを絡めた諸問題が挙げられます。特に節煙、禁煙目的として使用したいと考えている方は想像以上に多く、そんな方々にDR.VAPEはおすすめできます。

その理由にはいくつかありますが、特に煙の量とフレーバーの充実度が大きいです。特にフレーバーについては、クラシックスモーク、メンソールというタバコライクなものから、バニラ、アップルのようなバラエティフレーバーまで数多く用意されているので、飽きることなく吸い続けることができると思います。

ただ、やはりニコチンフリーというのは想像以上に喫煙者を苦しめますから、初っ端から「禁煙」はおすすめしません。今吸ってるタバコの一部を徐々にDR.VAPE代替し、最終的には禁煙する・・って青写真を描いた方が、成功しやすいですよ!

DR.VAPEに関するよくある質問

この記事の最後に、DR.VAPEに関するよくある質問について、実際に使用した筆者自ら回答させていただきます。

専用のケースなどはあるの?

VAPEを購入する上でよくある質問が「専用ケース」の有無です。VAPEは持ち運んで積極的に使いたいアイテムですし、何よりケースがあった方がカッコ良い。

そして、上記レビューで言及しているように、DR.VAPEのスターターキットには専用のケースが付属してくるので、専用のケースはあるというのが結論になります。

なかなか専用ケースつきのVAPEってなかったりするので、この辺はありがたいですよね。(まあ、その分ちょっと高いんだけど)

実店舗での販売はされている?

ネット通販での購入に対して不安がある場合、実店舗でDR.VAPEを買いたいという人もいると思うので、取り扱いがあるかどうかリサーチしてみました。

調べてみると、「VAPE STUDIO」というベイパー御用達のVAPE専門店にて取り扱いがあるようなので、最寄りの店舗に行ってみるのもアリかもしれません。

ちなみに、VAPE STUDIOは実店舗およびネット通販でVAPEを大口で販売している老舗とも言える存在なので、VAPEにのめり込むなら今後お世話になると思いますよ(笑)

害は本当にないの?

VAPEを使用する上で気になるのが健康に与える影響ですよね?企業側が「安全だよ」っていうのは当たり前ですしね、どこの世界に自社の商品を危険っていう企業があるんだって話ですし。

そこでマニアの視点から要点を解説させていただくと、

  • ニコチン・タールが含まれない(発生しない)
  • 主成分はコンサート場で焚かれるスモークと同じ
  • 販売しているのが日本企業

以上3点から、DR.VAPEの安全性は高いと結論づけます。もちろん、いくら以上のような特徴があるとは言え、「吸わない方が安全」であることは間違い無いので、この辺ははき違えないようにしてください。

何かあった時の問い合わせ先は?

DR.VAPEの問い合わせ先は会社概要ページにある通りです。

  • 電話番号:0570-038-300(平日10時~17時まで)
  • メールアドレス:support@drvape.jp

引用:会社概要:DR.VAPE(ドクターベイプ)公式サイト

まとめ

というわけで、この記事ではDR.VAPEを実際に使用したレビューをお届けしてきましたが、いかがでしたか?値段以上の価値を見出せた方は、ぜひVAPEの世界へと足を運んでみてください。タバコとはまた違った「趣向品」としての面白さを実感してくれれば、VAPEマニアの筆者もこの上なく嬉しいです。

この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Plus WEED JPVapor

6 件のコメント

  • いつもお世話になっております。有意義に活用しておりますが、最近本体が紛失しまして、使用できない状態です。何とか、本体のみ購入できないでしょうか?宜しくお願い申し上げます。

    • コメントありがとうございます。BEST VAPE運営事務局です。

      当サイトは「DR.VAPE」販売サイトではございませんので、お手数おかけしますが、公式サイトのお問い合わせからご連絡して頂ければと思います。
      何卒よろしくお願いいたします。

  • カートリッジの交換基準?吸い終わり?が分かりにくいです。
    煙が出なくなったら交換ですか?

    説明には数百回くらい吸引…と書いてありますが、毎回数えながら吸ってるわけでもないので…。

    香りや吸いごたえ?にそれほど変化を感じないので分かりにくいです。

    • MMさん、コメントありがとうございます!

      交換時期が分かりにくい点は筆者も同感で、欠点であると考えています。そして交換の目安ですが、数えるのは現実的ではないので、香りや吸いごたえ、あるいはミストの量が減ってきたと感じられたタイミングで、カートリッジを交換してあげるのが大事だと思います。

      もったいなくて交換できない、というのは誰しもが感じるところだとは思いますが、あまりにも交換をしぶりすぎるとドライヒット(空焚き)を起こしてしまい、火傷などのリスクが生じるので早め早めの交換を心がけるようにしましょう。

    • 篠塚さん、コメントありがとうございます!

      Dr.VAPEは電子タバコに該当するアイテムであり、タールやニコチンは発生しないもののタバコと同様に煙は発生しますから、禁煙である場所で使用することはできないと考えて下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    煙太郎

    当サイト「BEST VAPE」を訪れてくださり、ありがとうございます!BEST VAPE専属ライターの煙太郎です。このサイトは、タバコ大好きな私が個人で立ち上げたもので、各タバコに関する正確な知識や商品をご紹介することをモットーにしています。皆さんの役立つ情報を少しでも多く提供できたらと思っているので、タバコに関する情報や、おすすめの商品が知りたい場合には、是非是非このサイトを利用いただければと思います!