電子タバコには依存性がないって本当?この噂について徹底的に調査しました!

電子タバコには依存性がないって本当?この噂について徹底的に調査しました!

普通の紙巻きタバコにはニコチンによる依存性があることは周知の事実ですが、「電子タバコには依存性がないの?」という疑問を持つ方はかなり多いため、まだまだ電子タバコについての理解は進んでいないのが現実です。

実際、独立行政法人である「国民生活センター」には、

タバコのような形で煙が出てタバコを吸った気分になる電子たばこを購入したが安全性について知りたい。

引用:電子タバコの安全性を考える – 国民生活センター

このような質問が相次いでいるため、電子タバコの安全性、特に依存性についてしっかりと理解しておくことが大切です。そこでこの記事では、タバコマニアである筆者が「電子タバコの依存性」について徹底的に解説していきますので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

煙太郎吹き出し
煙太郎

電子タバコをめぐっては、「世界保健機関」・「日本呼吸器学会」・「日本禁煙学会」などから、安全性に関する健康リスクが懸念されている。様々な情報が錯綜しているのが現実なので、一度正しい知識を確認しておくのだ。

タバコの依存を知るには「原因」と「依存の種類」について理解しておくことが大切

では早速、電子タバコの依存性について解説していきたいのですが、その前に「タバコの依存性」の

  1. 原因
  2. 種類

について理解を深めておくことはとても重要。依存の原因や種類について知ることで、タバコの依存に関する本質が見えてくるので、まずはこの2点について知っていきましょう!

そもそもどうしてタバコに依存してしまうのか?

タバコに依存している男性

皆さんは、そもそもどうしてタバコに依存してしまうのかご存知でしょうか?よく言われているのが、「ニコチンによる依存」だと思いますが、まずはニコチン依存について詳しく解説させていただきます。

煙太郎吹き出し
煙太郎

タバコの学名は「Nicotiana tabacum」で、「ニコチン」と「タバコ」を意味する2つの単語で表されている。ニコチンはタバコの学名にも入っているくらい、タバコを象徴する成分ということだ。

ニコチン依存症は「精神疾患」である

あまり知られていないことですが、ニコチン依存症は「精神疾患」であり、1つの病気として認識されているのです。実際、精神医学の最先端を行くアメリカでは、すでに1980年からニコチン依存が精神疾患として認められていて、適切なケア方法が研究されてきましたし、社会的認知度も高め。

一方で、日本でもようやく、近年「禁煙外来」という言葉がクローズアップされてきましたが、「どうしてニコチンに依存してしまうのか」についても気になるところですよね?ニコチンによる依存が形成される理由については、一般社団法人である「日本循環器学会」が以下のように説明しています。

ニコチンには依存性があり、タバコ使用時に依存を生じる主たる原因となっている。ニコチンは中枢神経系のうちドパミンを介する脳内報酬系に作用するとされ、とくにノルアドレナリン、セロトニン、ドパミン、アセチルコリン、γ-アミノ酪酸、グルタミン酸塩など脳内神経伝達物質の分泌がニコチン摂取で増加する

引用:タバコの依存症- 一般社団法人 日本循環器学会

やや難しい内容となっていますが、もう少し簡単に言うと、「ニコチンが脳に直接働きかけ、気持ちを晴れやかにする物質を分泌させるから」ということになります。引用文の中にある「ドパミン(ドーパミン)」は、

  • やる気
  • 集中力

といったような、人をポジティブにさせるような効果を持つ成分ですから、これの分泌量を増加させるニコチンは、体からすれば「もっと欲しい!」成分であると言えます。そして、この「もっと欲しい!」という欲求が自分でセーブできるような状態なら良いのですが、体からの命令がだんだんエスカレートしていくと、体そのものがそれを欲するようになり、最終的にニコチンがないとメンタルを安定させられないような状態になってしまうというわけです。これが依存の状態ですね。

したがって、ニコチン依存は立派な病気ですから、これが電子タバコにも存在するのかについて、気になってしまう方が多いのも頷けます。

煙太郎吹き出し
煙太郎

一度ニコチン依存症の状態になると、そこから抜け出すのは非常に大変だと聞く。自分がセーブできる範囲を超えないように喫煙をすることが、タバコを吸う上で最も大切なことだ。

ニコチン以外の依存も存在している

そして、あまり知られていないことですが、実はタバコへの依存にはもう一種類存在していて、前述したようなニコチン依存以外にも依存する要素があるのです。それはズバリ「心理的依存」になります。

例えば、ガムを日常的に嗜んでいる方が、ガムが口の中に入っていないときに「あー、なんか口の中が寂しいな」と思ったりするものが行動依存に該当しますが、タバコの場合の心理的依存では、以下のような点が対象です。

  • タバコを吸いに「外に出る」行動
  • タバコを「手に持って口でくわえる」行動
  • 「煙を体内に吸引する」行動

以上のような点をわかりやすく言えば、タバコを吸うことが「習慣化」してしまっているということで、「これを行わないとなんかスッキリしないんだよな」という、ある意味緩やかな依存が特徴としてあげられます。タバコを特に吸いたくないのに、なんとなく外に出て一服したいといったような心理に陥るのは、まさに心理的依存が原因というわけですね!

実際、筆者も紙巻きタバコだけを吸っていた頃は、仕事中に外に休憩しにいくとなぜかタバコそのものは欲していないにも関わらず、「タバコを吸う」という一連の行動をしたいと感じて、吸いたくもないタバコを吸っていました。この不思議な感覚は、意外にも多くの喫煙者が経験があるようで、やはり心理的な依存による影響も人体に対してあると考えられます。

煙太郎吹き出し
煙太郎

知らぬ間に心理面でも依存してしまうのがタバコというものだ。ニコチン依存だけではなく、心理的依存についても理解しておかなければならない。

2つの依存を理解しておくことが重要

以上のように、タバコの依存の原因や種類は、

  1. ニコチン依存
  2. 心理的依存

の2種類に分けられます。どちらの方が依存として強いかは個人差がありますが、一般的にはニコチン依存の方が強いと認識されていて、禁煙外来では「ニコチン依存症」を重点的に治療していくことで禁煙を成功させることを目的としているほどです。

いずれにせよ、電子タバコの依存性について知りたい場合には、依存には以上のような2種類存在していることを頭に入れておくことが重要ですよ!

電子タバコに依存性はある?徹底的に解説します!

タバコの依存に関する原因や種類について解説しましたので、ここからはこの記事のテーマである「電子タバコに依存性があるのか」について、徹底的に深掘りしていきたいと思います。

「電子タバコ」と呼ばれるものには実は「2種類」あった!

一口に「電子タバコ」と言っても、皆さんは電子タバコをどのようなタバコだと考えているでしょうか?実は、世間で言われている電子タバコには以下の2種類のものが存在しています。

電子タバコ(VAPE)
正式な電子タバコ。タバコ葉を一切使わず、ニコチンフリー。VAPEなどとも呼ばれている。
加熱式タバコ
タバコの葉を燃やさずに加熱して喫煙する。アイコス・グロー・プルームテックなどがその代表。

まず世間でよく言われるのが「加熱式タバコ」で、タバコを知らない方やあまり詳しくない喫煙者の方はこちらを「電子タバコ」と呼んでいます。明確な定義はさておき、こちらの加熱式タバコは広い意味での電子タバコには属する可能性がありますが、タバコに詳しい人は電子タバコとは呼びません。

では、本当の電子タバコが何なのかというと、タバコの葉や成分を一切使用していないものがそれに該当します。VAPE(ベイプ)などと呼ばれているもので、味がついた水蒸気(リキッド)を熱して、その水蒸気のフレーバーを吸引して喫煙を楽しむのが特徴。簡単に言えば、カッコイイ機械でアロマを発生させて、それを体内に吸引するのが電子タバコです。

さて、本題に入っていくと、以上の2種類のタバコには、それぞれ依存性があるのでしょうか?ここから順番に解説していくので、片方が気になる方は片方だけチェックするのも良いですし、両方気になる方はぜひ両方をチェックしてみてください!

煙太郎吹き出し
煙太郎

電子タバコは2種類のタバコを意味するため、しっかりした名称をつけていただきたい。国や自治体の法単位で、それぞれの定義や正式名称をハッキリさせ、それを周知させるべきだ。

ニコチンフリーの「電子タバコ・VAPE」

電子タバコを吸う男性

まずは電子タバコ・VAPEの依存性から解説させていただきます。電子タバコ・VAPEは日本発祥のアイテムではなく、もともと欧米で人気が出たもの。欧米では日本よりも圧倒的に

  • タバコ税が高い
  • 嫌煙化が進んでいる

ため、喫煙者は年々大幅に減り続けています。タバコ1箱で1,000円を超えてきている国や州もありますから、金銭的にタバコを続けられないのも無理はないですね。それに喫煙者がめちゃめちゃ嫌われているので、喫煙者からすれば

なんでこんなに税金納めてんのに嫌われなきゃいけないんだよ

とダブルパンチを喰らっている気分になって、結局タバコから卒業してしまうみたいです。こういった元タバコユーザーがタバコからの「乗り換え先」として選んでいるのが「電子タバコ・VAPE」。専用のマシンに味のついたリキッドを入れて、燃焼させずリキッドを熱するだけで喫煙ができるというお手軽さから、電子タバコ・VAPEの人気が年々高まっています。

また、一酸化炭素などの有害物質が少なく受動喫煙のリスクもそれほど高くないといった特徴から、厚生労働省や医者などから「禁煙治療」についての使用も検討されつつあるようです。実際、欧米では禁煙に対して有意な効果があると認められていたりしますから、これから電子タバコがどのように使われていくのかに注目ですね。

煙太郎吹き出し
煙太郎

日本の電子タバコ・VAPEには法律上ニコチンは一切配合できないが、外国、特にアメリカではニコチン入りリキッドが普通に市販されているのだ。

依存の心配はほとんどない

そして、外国でのVAPEブームに乗って、日本でもいよいよVAPEの人気が出始めてきました。その理由としては、

  1. タバコ税がかからないため安い
  2. 燃やさないためタールフリー
  3. ニコチンフリー

以上のような3点があげられます。特に依存性という観点から見たときに、日本の法律上、リキッドにニコチンを配合して国内で販売することはできませんから、VAPEを使用するほとんどのケースで依存の元となるニコチンを摂取しなくて済むのです。したがって、電子タバコ・VAPEにおいては、「ニコチン依存」については心配する必要はありません。

一方で、タバコをめぐるもう一種類の依存である「心理的依存」についてはもちろん存在していますが、これはガムや飴などと同じようなものですから、ニコチン依存のような「中毒性」があるわけではないのです。

以上より、電子タバコ・VAPEについては、タバコに関する依存のメインとなる「ニコチン依存」の心配がいらないため、依存性の心配はほとんどしなくて良いという結論になります。

ニコチン入りリキッドにご注意を!

しかし、電子タバコ・VAPEについて一点気をつけなければいけないのは、「ニコチン入りリキッド」の存在です。日本国内では薬機法と呼ばれる法律によって、医薬品であるニコチン入りのリキッドやカートリッジは販売できない決まりになっているのですが、外国ではニコチン入りのリキッドが普通に売られています。そして、VAPEの製造が盛んなのは中国やアメリカなので、ニコチン入りのリキッドが「ニコチンフリー」として日本に輸入され、販売されていることが明らかになっているのです。

正確なデータを示すと、平成22年とやや古いデータとなってしまいますが、冒頭で引用した国民生活センターの記事内で以下のような事実が明らかになっています。

国内で販売されている 25 銘柄 45 味中、11 銘柄 15 味でニコチンが検出された

引用:電子タバコの安全性を考える – 国民生活センター

本来なら、当時の薬事法において、ニコチン入りのリキッドは販売してはいけないことになっていましたが、それでも25銘柄の中の11銘柄においてニコチンが検出されたということだから驚きです。ここで湧いてくる疑問が、

「なんで法律上NGなのに販売できてるの?」

というものですが、当時はまだ電子タバコが今ほど普及していなかったので、行政や司法の目が行き届いていなかった「グレーゾーン」だったんですね。しかし、ようやく重い腰を上げたのか、2018年の3月に国内で初めて「ニコチン溶液の違法販売」により逮捕者が出ました。

出典:「ニコチン溶液」違法販売を初摘発、容疑で電子たばこ用店経営者ら逮捕 – SANSPO.COM(サンスポ)

これから電子タバコが普及していくにしたがって、どんどん規制もされていくでしょうから、「ニコチンフリー」の真実性は高まっていくと予想されます。しかし、こういった体内に直接摂取するアイテムは自己責任が暗黙の了解ですから、信頼できるところから信頼できる製品を購入するようにしなければ、自分が知らない間に依存性や安全性のリスクを抱えることになってしまうかもしれません。

煙太郎吹き出し
煙太郎

ちなみに、ニコチン入りリキッドの諸条件を満たした上での「個人の使用に限られる個人輸入」は合法だ。ニコチン入りリキッドを販売しているサイトも存在しているが、利用する際は法に乗っ取った個人輸入をしてくれるのかについて、しっかり自分で確かめなければならない。また、使用する際にもニコチンの濃度を最適化するなど、専門的な知識が求められるぞ。

世間で「電子タバコ」と呼ばれている「加熱式タバコ」

加熱式タバコの写真

電子タバコやVAPEは「依存性の心配がほとんどない」という結論に至りましたが、世間的に電子タバコと呼ばれているIQOSなどの「加熱式タバコ」についてはどうなのでしょうか?

これら3種はタバコの葉を「熱する」ことで、燃やすことで排出される「タールなどの有害成分」などで空気を汚さずに、タバコのニコチンだけを楽しむことを目的とする、いわば「タバコのいいとこ取り」を目指した製品です。したがって、

  • タールフリー
  • タバコより害がない
  • 燃やさないから副流煙の心配がいらない

といったキャッチコピーだけが一人歩きしてしまっている印象がありますが、実際のところどうなのでしょうか?

アイコスを代表とするもので法律上は立派なタバコ

そもそもアイコスやグロー、プルーム・テックはタバコの葉を使用しているため、法律上はれっきとした「タバコ」なんです。ですから、電子タバコと違ってタバコ税もかかりますし、未成年の使用も法律で禁止されています。

しかし、このことを知らないで「害が少ない」という事実から、加熱式タバコを「タバコ」だと思わずに「タバコに似た別のもの」と思っている人もいますから、加熱式タバコをめぐる現状は極めて危険だと言わざるを得ません。企業側が「タバコより安全」というキャッチコピーで売り出すことが、この事態に拍車をかけていますが、国や自治体単位で加熱式タバコに関する正しい知識を世間に提供すべきです。

したがって、加熱式タバコを使用する際には「そもそもこれはタバコなんだ」という当たり前の事実を、周囲に惑わされずに理解しておく必要があります。

煙太郎吹き出し
煙太郎

法律上はタバコなので、もちろん増税分が上乗せされてしまう。最近アイコスが値上げすると噂されているのが、個人的には非常にショックだ。

加熱式タバコは普通のタバコと同様の依存性がある

ここまでの説明で、加熱式タバコの依存性についてほとんどの方がわかっているとは思うのですが、改めて言わせてもらうと、加熱式タバコには依存性はもちろんあります。なんども言うように、加熱式たばこはタバコの葉を使っている立派なタバコですから、当然使用にあたってニコチンが発生し、体内に入っていくのです。

ゆえに、タバコの依存の中でも最も力が強い「ニコチン依存」が当然懸念され、心理的依存についても同様。要するに、普通のタバコも加熱式タバコも依存性という観点から見れば、「ほとんど何も変わらない」ということになります。

タバコからの乗り換え先として「加熱式タバコ」を検討している方には残念なお知らせになるかもしれませんが、乗り換えることで確かに「タールフリー」などの特徴から、健康面に関してのリスクは減らすことができるかもしれません。しかし、それでも立派なタバコであるため、依存性という点では今までと何ら変わりがないという点は、しっかり覚えておきましょう。

結論:依存性が気になる方はニコチンフリーの「電子タバコ」を使うべきだが・・

電子タバコを吸引する男性

以上より、電子タバコにまつわる依存性については、以下のような結論が得られました。

  1. 電子タバコ・VAPEはニコチンが含まれないため、依存性の心配はほとんどない
  2. 加熱式タバコは法律上も立派なタバコであるため、ニコチン依存のリスクが大きく、依存症のリスクは普通のタバコとほぼ同じ

依存性の焦点になるのは「ニコチンの有無」で、単純にニコチンが入っていると依存性は急激に高まります。紙巻きタバコも加熱式タバコもタバコの葉を使用していますから、ニコチンによる依存が懸念されますが、電子タバコにはニコチンが含まれないため、依存性について懸念すべき点はほぼないということになりました。

したがって、依存性にまつわるリスクを最大限まで減らした上でスモーキングを楽しみたい方には、電子タバコの使用を自信を持っておすすめします!しかし、先ほども言ったようにニコチン入りリキッドの存在が懸念されますから、この点にだけは注意しなければいけませんね。

依存性の心配なく安全な電子タバコやリキッドを購入するための注意点

では、思わぬところで「ニコチン入りリキッド」を掴まされないためにも、どのような点に注意して電子タバコやリキッドを購入すれば良いのでしょうか?

1.信頼できる企業やサイトから購入する

より安全性の高い電子タバコ・VAPEを購入するためには、当たり前の話ですが、日本の法律を熟知している「日本向けVAPE」を製造しているような、信頼できる企業から購入するのが最もてっとり早いと言えます。そして、その見極めには、

  • 公式サイトが正確な日本語で作られている
  • 企業の評判や口コミが良好

以上の点に気をつけましょう。VAPEはまだ歴史が浅いジャンルの製品ですから、模造品や粗悪品が平気で紛れ込んでいるのが現実です。したがって、しっかりと日本国内の日本人向けに製造・販売されていることを確認してから、購入をすべきだと言えます。気になる点があったら、躊躇せずに公式サイトや企業に向けて電話やメールで問い合わせてみるような自衛手段も、時には必要になるかもしれませんね。

煙太郎吹き出し
煙太郎

粗悪品や模造品をつかまされない為にも、以上のような点に着目してVAPEを購入するべし。

2.リキッドの成分検査や各種実施試験に注目する

こちらは信頼できる企業やサイト選びとやや被る部分があるのですが、リキッドに関する成分検査や各種の実施している試験に着目することでも、より安全性の高い製品を購入することにつながります。日本人は、とにかく安全性を最も重視する民族ですから、各企業も安全であることを証明するために、様々な工夫を凝らしているのです。

筆者が今まで経験してきた例をあげると、

  • 成分分析済み
  • 発がん性物質検査実施済み
  • 国際的な安全性に関する規格である「ISO」取得済み

以上のような検査を通過していたり、ISOといった信頼できる規格を取得していることが公式サイト上でしっかりと示されているリキッドは、「安心・安全」と見て問題ありませんでした。しっかりと日本向けに製造されていることが証明されているので、ニコチンが含有している可能性も0ですから、依存性についても安心して使用できますよ!

煙太郎吹き出し
煙太郎

以上の2点に気をつければ、ニコチン入りリキッドを意図せずに使用する可能性は0になるぞ。安心安全なVAPEを購入して、心ゆくままスモーカーズライフを楽しもう。だが、未成年者の使用はマナー違反なので、この点は気をつけなければならない。

まとめ

この記事では、電子タバコにまつわる依存性について徹底的に解説してきました。世間的に言われている電子タバコが加熱式タバコだということもあって、解説が難しかった部分もありますが、皆さんの参考になれましたでしょうか?

この記事が、皆さんのスモーカーズライフのお役に立てれば嬉しいです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

NICOLESS DRVAPE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

煙太郎

当サイト「BEST VAPE」を訪れてくださり、ありがとうございます!BEST VAPE専属ライターの煙太郎です。このサイトは、タバコ大好きな私が個人で立ち上げたもので、各タバコに関する正確な知識や商品をご紹介することをモットーにしています。皆さんの役立つ情報を少しでも多く提供できたらと思っているので、タバコに関する情報や、おすすめの商品が知りたい場合には、是非是非このサイトを利用いただければと思います!